生命保険を調べよう 生命保険を調べよう 生命保険を調べよう

生命保険は結婚や退職などの節目ごとの見直しが大事です

image

親が家族保険に入っていることも多く、生命保険は独身時代にはあまり気にしない人もたくさんいますが、結婚して家族というものを持つと必要だと思うものです。しかし独身時代に加入した生命保険が結婚してからも適正であるということは少なく、見直しが必要となります。結婚だけではなく、出産や子どもが自立したり、退職した時などライフイベントの際には定期的に見直しをしましょう。

生命保険の見直しをする場合のポイントとして、自分が何の為に生命保険に加入するのかを考えることです。いざというときに備えるためならば、必要な保証がなければ無駄です。

保険の種類はたくさんあるので、まずは家族がどんな保障を受けられるのかを確認します。次に、独身時代に加入した生命保険の受取人を両親にしているという場合、変更しておくことも大切です。基本的に死亡保険では、配偶者or子どもを受取人に指定することになっています。受取人が肉親で法定相続人に指定されていると、税金面で非課税や控除などの対象となり、メリットが大きくなります。

生命保険の見直しで一番困難なのが保証金額の見直しです。

保障を手厚く設定すると安心な代わりに毎月の保険料が家計の負担になります。家族がいる場合、毎月の生活が大変になる程の保険料は避けましょう。まずは現在の生活費から生涯あと幾ら位の金額が必要かを検討します。万が一大黒柱が亡くなってしまった時、家族が生活をするのに必要最低限の金額を見積もっておきましょう。しかし遺族年金や死亡退職金などでカバーされる部分もありますので、全ての金額を生命保険で賄う必要はありません。

保障期間を変更する場合には、毎月の保険料が低価格の生命保険の中には、短期のものでは次回の契約時に保険料が高い場合もあります。保障が必須な期間まで補ってくれる保険に決める方が結果的にお得となります。

保険料の支払いに関連しては、最近では支払い手段が選択できるようになっています。毎月支払うやり方以外にも、半年に1度支払う方法や、一年に一度支払う方法などがあります。保険料を期限前に払えばそれだけ割引になり、最終的な支払金額が安くなるので、お金に余裕のある人は見直しを検討してみましょう。